2020年5月22日 (金)

【全国専修学校・各種学校に関する要望活動】

 本日全国専修学校・各種学校の授業料減免の要請で財務省にいきました。専修学校は特に地域の産業を支える人材を輩出する重要な教育機関であり、厳しい経済環境の中で学んでいる多くの学生が頑張っています。若い世代が自分の夢をあきらめることのないよう私たちも精一杯応援してまいります。

 

<財務省にて>
※なお、馳議員は透明のフェイスガードを着用しています。

Img_15372

 

2020年4月24日 (金)

【加藤勝信厚生労働大臣への緊急提言】

  皆様には感染症対策にご協力いただき心から感謝いたします。

 本日、自民党雇用問題調査会長として加藤厚労大臣に緊急事態宣言の全国拡大を受けて、雇用環境の大幅な変化に対応するための緊急要請をしました。

 特に雇用を維持するための雇用調整助成金の拡充、要件緩和と手続きの簡素化を通じ雇用を守る決意を国が示すべきと提言しました。

雇用調整助成金は、休業手当を一定の条件のもと企業が従業員に支払う場合に国が補助をする制度です。

現状は、新型コロナ感染症対策に集中しつつ、国民の生活を守っていく対策もしっかりと進めてまいります。

Img_1342 Img_1315

2020年2月10日 (月)

【対談集「導き星との対話」本日出版】

 本年6月25日をもって、国政にお送りいただき20年となります。
この機に当たって、長年に渡りご指導いただいている学識経験者の方々と対談をさせていただきました。
東京大学名誉教授・神野直彦先生、元慶應義塾大学塾長・清家篤先生、お茶ノ水女子大学学長・室伏きみ子先生、東京大学総長・五神真先生、前 早稲田大学総長・鎌田薫先生、政治ジャーナリスト・秋山光人氏、対談をいただいた先生方は日本を代表する碩学・有識者の皆さまです。先生方のお胸をお借りして、わたくしの現在の政策課題・政治に対する問題意識を議論させていただきました。
是非ご一読いただき、ご意見をいただければと存じます。

2020年1月29日 (水)

法政二高の皆さんの訪問取材

 本日、法政二高の皆さんの訪問取材を受けました。班単位でテーマを設定し調査・プレゼンを行うものだそうです。

テーマは「非正規雇用」。同一労働同一賃金についても質問がありました。

私からも職業選択や働き方を考える重要性をお話させていただきました。

「働き方を考えることは生きることを考えること」

私も若い皆さんの可能性がまぶしく、羨ましく感じる歳になりました。

 

» 続きを読む

2018年11月28日 (水)

【ラジオ出演】

 今朝「岩瀬惠子のスマートNEWS」に出演いたしました。 出入国管理法改正案や教育問題に関しインタビューを受けました。
 


Img_038312
 

2018年1月14日 (日)

【消防出初式】

 市原市の消防出初式に出席しました。
 消防団人の皆様の勇姿を拝見し、大変頼もしく、誇らし

く思います。また団員の活動を支えるご家族、地域の方々

に敬意を表します。私も自民党消防議員連盟の一員として

、消防団活動の環境整備に努めてまいります26678569_1674592782601278_109137947

2018年1月 8日 (月)

【祝 成人】

 成人式へ参加しました。例年通り、「仕事を選ぶこと」の重要性をお話ししました。
 若い皆さんに対し、「教育」・「働き方改革」をはじめ、しっかりとサポートする政策を今年も進めます。26240255_1668658506528039_595839888

2018年1月 2日 (火)

新年に

明けましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
大臣職から選挙戦と、まさに怒涛の一年でしたが、その経験を活かし、本年はさらに飛躍の年とするべく精進してまいります。

元旦恒例の市原鳶工業協同組合・若鳶の皆さんによる「はしご乗り」、市原市五井新田祭囃子保存会の皆さんによる「獅子舞」を地元の加茂神社境内をお借りしてご披露いただきました。
おだやかなお正月です。
皆さまのご健康とご多幸をお祈りいたしますとともに、引き続きのご指導よろしくお願いいたします。26055908_1662336527160237_796415947

2017年12月28日 (木)

ごあいさつ

日頃より私、松野ひろかず並びに自由民主党の活動に対し、ご協力を賜り心から御礼申し上げます。
 今年は文部科学大臣退任後、自民党政調会長代理に就任し、岸田政調会長のもと、党の政策立案・とりまとめに取組んでまいりました。年末には「平成30年度予算編成大綱」26024224_1657506517643238_240947590 ・「診療報酬改定」等をまとめるとともに、選挙公約であった「幼児教育・保育の無償化」・「高等教育の負担軽減」等を始めとする「人づくり革命政策パッケージ」を取りまとめました。お約束したことを着実に実現してまいります。
 平成30年は、働き方改革・民法改正を始め国会においても、重要法案の提出が予定されています。景気回復が千葉県においても実感できるよう引き続き景気対策を力強く展開するとともに、北朝鮮問題を始め緊張が高まる東アジアの安全保障に対し、国際社会と連携し対応を進めていかなければなりません。
 来年は初めて地球の地質年代に日本の地名、我が「千葉」の名が冠される期待が寄せられます。
平成30年も日本の課題、ふるさと千葉県の課題に全力で取り組んでまいります。
 引き続きご指導・ご支援よろしくお願い申し上げます。


2017年11月14日 (火)

【チバニアン】

 市原市田淵にある地磁気逆転を示す地層が、国際地質科学連合の作業部会で「基準地として一次審査を通過した」というニュースが発表されました。地球史に千葉の名前が刻まれるということはたいへん誇らしいことです。
 地元としては長く準備や運動を続けてきた案件であり期待が高まります。
 市原市は他にも地質学の世界では世界的に有名な瀬又地層もあり、ジオパークとして整備を進めていただければと思います。23551194_1615212765205947_844177911

«市議の皆さんと